ブログBLOG

 

openpageで実現する本当の営業DX 〜デジタル化とDXの違いを理解しよう〜

  • 公開日:2024年6月27日(木)

こんにちは。openpage代表取締役の藤島です。
近年、多くのベンダーやコンサルタントが「営業DX」という言葉を使っていますが、デジタル化とDXは異なる概念であり、両者が混同されているケースが少なくありません。
本記事では、生成AIに私の考えを読み込ませてライティングを行いました。デジタル化とDXの違いを整理するとともに、openpageが真の営業DXを実現する方法について解説します。

SFAはデジタル化であってDXではない

営業DXの文脈でよく登場するSFA(Sales Force Automation)は、営業活動のデジタル化を促進するツールですが、これはDXとは言えません。なぜなら、トランスフォーメーション(変革)とは、営業コミュニケーションそのものがデジタルに変わることを意味するからです。

SFAは営業活動をデータベース化し、デジタルデータとして蓄積・管理することに主眼が置かれています。しかし、SFAへの入力作業が完了した後の営業活動自体は、従来通り電話やメール、訪問といったアナログな手段で行われるため、顧客とのデジタル接点が増えているわけではありません。つまり、SFAはデジタル化の一形態ではあるものの、営業プロセスの変革(トランスフォーメーション)は起きていないのです。

デジタル接点を大幅に増やすことが営業DX

これに対し、Webサイトやメールなどデジタルチャネルを通じて顧客の態度変容を促し、購買意欲を高めていくことこそが、真の営業DXと言えるでしょう。営業DXとは、できる限りデジタル上の接触面で顧客に働きかけ、契約締結まで導くことを目指すアプローチなのです。

理想的な営業DXを実現するには、現在のデジタル接点の接触時間を数十倍、数百倍に増やす必要があります。単にデータベースを構築してデジタルデータを蓄積するだけでは不十分で、顧客コミュニケーションそのものをデジタルベースに変えていく必要があるのです。

openpageが実現する営業DX

営業DXプラットフォーム「openpage」は、文字通り営業活動のDXを実現するソリューションです。openpageでは、提案資料や見積書をデジタルサイト上で共有したり、次のアクションをメールでタスク化することで、顧客との接点をデジタル化します。

openpageを活用することで、顧客とのデジタル接点は従来の50倍〜200倍以上に増加します。デジタル接点が増えれば、それだけ顧客の行動データが手に入り、顧客理解が深まります。こうして得られた情報は、SFAのデータ拡充にも役立ちます。

おわりに

デジタル化とDXを混同せず、顧客とのコミュニケーションそのものをデジタルベースに移行することが、営業DXの本質だと言えます。openpageはまさに営業活動のDXを体現するプラットフォームです。真の営業DXを実現したい方は、ぜひopenpageにご注目ください。​​​​​​​​​​​​​​​

顧客との商談状況を完全に可視化し、データを基にして的確な営業戦略を立案。個人のスキルアップのみならず、組織全体の営業力を大幅に強化。 営業のためのDXプラットフォーム「openpage」。全貌を、特別資料にてご覧いただけます。
新規CTA
新規CTA

最新記事