ブログBLOG

 

非対面営業の極意!openpageを活用したオンラインクロージング戦略

  • 公開日:2024年7月9日(火)

はじめに

 昨今、対面での営業活動が制限される中で、非対面営業の重要性が増しています。しかし、オンラインでの商談、特にクロージングには独特の難しさがあります。**営業DXプラットフォーム「openpage」**を活用することで、これらの課題を解決し、オンラインクロージングを成功に導くことができます。

非対面営業におけるクロージングの課題

 非対面営業では、対面営業とは異なる障壁があります。まず、信頼関係の構築が難しいという点です。また、顧客の反応や心理状態を把握しづらく、商談の流れをコントロールするのも一苦労です。このような課題を克服するには、オンライン営業特有の工夫が必要不可欠です。

openpageを活用した商談準備

 openpageは、非対面営業に特化した機能を多数備えています。顧客ごとの専用ページで情報を一元管理できるため、提案資料やFAQを事前に共有し、顧客の理解を深められます。商談前に疑問や懸念を解消することで、信頼関係の構築にも役立ちます。

 具体的な活用方法としては、以下のようなステップが考えられます。

  1. 顧客の課題やニーズに応じた専用ページを作成
  2. 提案資料、事例集、FAQ等を専用ページに集約
  3. 事前に顧客と専用ページを共有し、理解を促進
  4. 顧客の疑問や懸念に対して、迅速かつ丁寧に回答

 このように、openpageを活用して入念に商談準備を行うことが、オンラインクロージングの成功に繋がります。

openpageを活用したオンラインクロージング

 オンライン商談では、openpageの機能を駆使することで、クロージングをスムーズに進められます。専用ページから提案資料を画面共有し、ポイントを強調しながら説明を行います。議事録を共有することで、認識齟齬を防ぎ、ミスコミュニケーションを未然に防げるでしょう。

 加えて、タスク管理機能を使うことで、商談後のアクションを明確にできます。顧客に具体的な次のステップをお願いし、それをopenpage上で管理することで、スムーズに案件を進展させられるのです。

 このように、オンライン商談の様々な場面でopenpageを活用することが、非対面クロージングの極意と言えます。

openpageによるクロージング後のフォローアップ

 openpageの威力は、クロージング後のフォローアップでも発揮されます。タスク管理機能を用いて、商談後のアクションの進捗を可視化。顧客とのコミュニケーションも、専用ページ上で継続的に行えます。

 商談の振り返りや改善点の共有も、openpage上で行うことができます。受注に向けて、具体的なアクション(購入手続き、支払い条件の確認、導入スケジュールのすり合わせなど)も、openpage上で管理することで、手際よく進めることが可能です。

openpageを活用した非対面クロージングの事例

 実際に、openpageを導入した企業からは、非対面クロージングの成功事例が多数報告されています。

 ある企業では、openpageを活用し、商談の準備から説明資料の共有、商談後のフォローアップまでを一気通貫で行ったところ、受注率が30%も向上しました。顧客からの信頼感も高まり、追加受注にも繋がっているそうです。

 このように、openpageを効果的に活用することで、オンラインでの商談を成功裏に終わらせることが十分に可能なのです。

まとめ

 非対面営業でのクロージングには、独自の課題があります。営業DXプラットフォームopenpageを活用することで、これらの課題を克服し、オンライン商談を円滑に進められます。

 商談準備から当日の商談、クロージング後のフォローアップまで、営業プロセスのあらゆる場面でopenpageを活用することが、非対面営業の成功への近道と言えるでしょう。

 デジタル時代の営業には、このような営業DXの取り組みが欠かせません。ぜひ、openpageを味方につけて、非対面クロージングの極意を習得してください。

openpageの詳細については、ぜひ弊社までお問い合わせください。

顧客との商談状況を完全に可視化し、データを基にして的確な営業戦略を立案。個人のスキルアップのみならず、組織全体の営業力を大幅に強化。 営業のためのDXプラットフォーム「openpage」。全貌を、特別資料にてご覧いただけます。
新規CTA
新規CTA

最新記事