ブログBLOG

 

商談長期化に悩む営業必見!openpageで商談期間を30%短縮する秘訣

  • 公開日:2024年6月18日(火)

商談長期化に悩む営業の皆様へ

B2B営業において商談長期化は大きな課題です。商談が長引くほど受注率は下がり、営業効率も悪化します。その主な原因は、商談に関連する情報の散在、非効率なコミュニケーション、タスク管理の不足などにあります。

こうした課題を解決し、商談期間を大幅に短縮できるのがopenpageです。営業プロセスをデジタル化し最適化することで、商談期間を短縮することは実現可能です。

本記事では、openpageを活用して商談長期化に歯止めをかける方法をご紹介します。

商談タスクと情報をデジタルで一元管理し、営業プロセスを効率化

商談の長期化を招く大きな原因が、関連情報の散在とタスク管理の属人化です。

openpageなら、議事録、タスク、提供コンテンツ等あらゆる商談情報をデジタルで一元管理。時系列に整理された情報にいつでもアクセスでき、商談の文脈を即座に把握できます。

加えて、営業と顧客双方のタスクを一元的に管理し、進捗を可視化。タスクの期限が過ぎると自動でリマインドするため、手作業でのフォローが不要に。これにより営業工数を大幅に削減できます。

A社の事例では、openpageの導入により打合せ前の情報整理に要する時間が70%減、商談リードタイムが25%短縮しました。情報を集約管理し、タスクを自動化することで、営業プロセス全体の効率が飛躍的に向上したのです。

商談の行方を左右する『提案』を強力にサポート

B2Bの商談で購買意思決定を大きく左右するのが提案の質です。しかし提案準備には膨大な手間がかかるのが実情でした。

openpageなら、過去の良質な提案情報を再利用可能な形式で蓄積。新人でも効率的に説得力ある提案を短時間で行えます。

加えて、提案に対するお客様の反応を素早くキャッチし、提案改善のPDCAを高速に回せます。提案の質を上げ、お客様の購買意欲を高めることで受注率アップにつなげられるのです。

B社の事例では、openpageで提案情報を集約管理し、提案の最適化を図った結果、受注率が30%向上。商談長期化の悪循環から脱却し、営業生産性を大きく改善しました。

お客様との認識齟齬を防ぎ、合意形成を加速

商談の停滞を招くのが営業とお客様の認識のズレ。認識を合わせ、合意形成を図ることが求められます。

openpageで議事録を共有すれば、認識の相違を防ぎ、相互理解を深められます。経緯や合意事項を振り返ることで、なすべきことに集中できるようになります。

加えて、意思決定者も交えた情報共有により、社内稟議をスムーズに通過させられます。意思決定に必要な情報を適時適切に提供し、意思決定を強力に後押しするのです。

C社の事例では、openpageを用いて営業とお客様の認識合わせを徹底した結果、平均商談期間が40%も短縮。この期間短縮こそが売上拡大に直結しました。

営業の働き方が変わる!提案作成・報告業務から解放

営業担当者の多くが、提案資料の作成や商談報告のためにデスクワークに追われているのが実情です。

openpageなら、過去の提案情報やコンテンツを再利用し、短時間で説得力ある提案を行えます。一から作る手間が大幅に削減できるのです。

また、商談情報から報告資料を自動生成する機能で、報告書作成の手間を大幅に削減。創出した時間を、営業スキルの向上や顧客とのリレーション構築に充てられます。

D社の事例では、openpageの活用で営業の事務作業時間が60%減。創出した時間を教育や同行訪問に充て、組織の営業力を飛躍的に高めることに成功しました。

まとめ:openpageが営業組織のデジタル変革を支援

商談長期化は多くの営業組織を悩ます深刻な課題ですが、openpageのデジタルソリューションを適切に活用することで克服が可能です。

商談情報の一元管理とタスク自動化で営業プロセスを効率化し、提案力を高め、お客様との認識齟齬を防ぐ。そうすることで商談長期化に歯止めをかけ、受注率と営業効率の飛躍的な向上を実現できるのです。

変革の一歩は小さなところから始まります。まずはopenpageを活用し、営業プロセス改善に着手してみてはいかがでしょうか。

営業組織のデジタルトランスフォーメーションを強力に支援するopenpage。ぜひ一度お試しください。

顧客との商談状況を完全に可視化し、データを基にして的確な営業戦略を立案。個人のスキルアップのみならず、組織全体の営業力を大幅に強化。 営業のためのDXプラットフォーム「openpage」。全貌を、特別資料にてご覧いただけます。
新規CTA
新規CTA

最新記事